住宅のカタチを知る|これであなたも住宅マスター

Real Estate

住宅のエネルギー対策

新築一戸建てを建築する場合には、エネルギー対策をどのようにするかが重要なポイントになります。かつては、新築一戸建てを建築する場合には、ガスと電気の併用が当たり前でした。

Redmore...

自然を感じる住宅を

注文住宅をする時には建材にもこだわってつくることで、味わいのある家にすることができます。中でも自然を取り込み四季を感じられる住宅を建設するとして人気があるのが四季工房です。

Readmore...

注文住宅を建築する際に

注文住宅というと施主の理想を住宅に反映することができることから多くの人が利用している建築方法です。最近では住宅建築に関する情報も多く専門の雑誌が数多く出版されています。

Readmore...

分譲住宅の魅了

これから住まいの購入を検討される方においては、大きく分けて新築の分譲住宅であるとか分譲マンションが候補として挙げられますが、それぞれに特長がありますので良く比較検討を行う事が必要です。

Readmore...

分譲住宅の特徴

販売されている物件の価格の傾向

分譲住宅を販売するときには、各不動産会社は販売戦略を練って価格設定を行うのが一般的である。そのために値ごろ感のある価格帯の物件が多く、初めてマイホームを購入する場合でも魅力を感じる値段が普通であろう。特に3000万円以内で購入可能な物件であれば、自己資金が500万円程度でも購入可能な点が魅力的である。しかし分譲住宅の購入層は幅広いので、マンションを売却して購入する人であれば、4000万円前後の物件を選ぶであろう。また分譲住宅を販売するときには、ローンの返済プランを提示しながら物件情報を紹介するのが一般的である。特に月々の返済額が10万円以内になるように、販売価格が設定されるケースが非常に多いであろう。

住宅販売のこれまでの歴史

分譲住宅の販売の歴史では、時代によってエリアや物件のサイズが様々な点が特徴的である。特に不動産価格が急上昇した時期には、敷地面積をコンパクトにして価格を抑えるのがトレンドであろう。しかし土地の価格が比較的安定している現在では、郊外においては敷地と建物面積が大きくなっているのが特徴的である。しかし大都市中心部に住みたいと考えるニーズも高まっているので、三階建て住宅で十分な建物面積を確保するのが現在の流れである。また一方で販売する物件のカスタマイズができるようになったので、設備や間取りが選べる物件が増加傾向である。しかも販売するだけではなくて、その後のメンテナンスなどのサポートが手厚くなったのが最近の特徴であろう。

関連リンク

  • 育みデザイン

    寝屋川で新築一戸建てを購入する時には依頼する業者選びがとても重要です。口コミや評価を確認できるサイトがこちらにあるので利用しましょう。