住宅のカタチを知る|これであなたも住宅マスター

Real Estate

注文住宅を建築する際に

注文住宅に関する情報や特集は、テレビなどのメディアでも多くの住宅に関するこだわりを紹介している番組がたくさん放送されています。ですから個々の要望というのも多様化しているのです。こうした多様化した要望により応えることができるのが設計事務所での建築です。反対にハウスメーカーや工務店というのは注文住宅といっても会社独自の制約がある場合も多く自由度が低いといえます。とはいえこだわりの強さというのもここによって全く異なるのでハウスメーカーでも実現可能な注文住宅もたくさんあります。

ハウスメーカーで注文住宅を建築する際には建具や床などの材料は指定されていて色が数種類の中から選択できるというケースが多いです。メーカーによって建具や床など色の組み合わせが指定されていたり一色しか選べないなど指定がある場合もあります。しかし指定がなくてもあまりたくさんの色を組み合わせるべきではありません。これは発注の際に色間違いを防ぐという意味もありますが、あまりたくさんの色を使いすぎると空間がごちゃごちゃしてしまうのです。そうするとせっかく広い空間でも圧迫感を感じてしまうのです。色を統一することで自然とリラックスできる空間を作ることができます。色を変えたいという場合には床だけは色を変えても違和感なく空間を演出できます。しかしドアごとに色を変えたり一つの部屋にあるドアの色を変えるなどする場合には空間をトータル的にイメージする必要があります。